So-net無料ブログ作成

「上乗せのいのち」3年生 [胃がんのこと]

2年前の今日、胃がんのために胃の全摘出手術を受けた。



DSCN4477.JPG




母と兄と妻に見送られて、手術室へ歩いて入る。
精いっぱいの引きつった笑顔を作りながら…




あれから2年、去年は去年でまた入院手術もあったりで、色々有り過ぎた。




とにもかくにも生きている。




「神様にまだ死ぬな」と言われてるわけでも、「まだ死んだらあかん」と神様が言ってるわけでもない。


違う絶対に。




「生きてるなんておこがましい、生かされてるんやで」

違う、それも相当おこがましい。



ただ運が良かっただけ。



病気になったのも誰が悪いわけじゃなく、運が悪かっただけ。
今のところ元気に過ごせているのは悪運が強かっただけ。


ほんとに運だけ。



手術が終わったら生まれ変わった新しい人生が待っているのかなと思ってた。
でもこれも違った。


「新しい命」を生きているのではなく、今までの命にプラスされた「上乗せの命」を生きている。
こんな感覚。



まだまだ生きて生きて生きまくるぞ!

私の命は生きるために流れている。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。