So-net無料ブログ作成

淡路島 南あわじショートツーリング [自転車のこと]

車にBD-1を積み込んで、淡路島へ向かいます。
子どもたちは海水浴、海があんまりな私はその間自転車で走る計画です。
妻と合わせ大人が合計3名いるので気兼ねなく出発できます。

ようやく夏らしくなってきたので、熱中症にならぬよう50km程度のショートツーリングにとどめます。

今回のルート

まずは第一の目的地福良へ向かいます。
ここまでの道はバイパスが開通したのですが、あえて峠越えのコースを選択します。

DSC00066.jpg

暑さで汗がドバドバ噴出します。
少し後悔ですが、展望とその後に待っている下りの気持ちよさが苦しみを忘れさせてくれます。

DSC00067.jpg

福良港に到着です。
後ろは渦潮クルーズの船。
ローソンで水分補給をします。

福良の港町を横目に再び山岳コース、鳴門大橋を目指します。
斜度は対したことないのですが、いかんせん暑い!
さっき補給した水分は汗として再び噴出します。

DSC00069.jpg

道の駅うずしおにて。
対岸はもう四国、徳島県です。

DSC00068.jpg

小腹がすいたので淡路バーガーをパクつきます。
淡路ビーフ、淡路たまねぎ、淡路レタスが入っており、美味しいです。

景色を楽しんだら、島の西岸を走っていきます。
海岸線、古い街並み、漁港となかなか風情のあるコースです。
大きな風力発電用の風車?がたくさん並んでおり、このあたりは風の強い地域なのだと実感します。
風で走り難いのですが、潮風が心地よく暑さはさほどでもありません。
フルサイズのバイクと比べ車輪が小さいミニベロは風に強いそうですが、そう言えば横風にあおられて、横に振られる経験がミニベロではありません。

DSC00065.jpg

帰りはもちろんバイバス経由で戻ります。
フラットでのどかな光景。
帰路は楽な道、もっと言えば下りが最高です。

みんなと合流して、〆はやはり温泉。
海水浴の後、自転車の後の温泉は気持ちよすぎます。
風呂上りのソフトクリームはおいしすぎます。

車で明石海峡大橋を渡ります。
バックミラーには淡路島が遠ざかって行くのが見えます。
毎回ここを渡る時はさみしくなります。

再びバックミラーに目をやると、疲れて眠る子どもたちの姿。
起こさぬようノンストップで家まで走りました。
私は夜8時には心地よい疲れとともに、夢の中へ・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0