So-net無料ブログ作成

ビワイチ 自転車琵琶湖1周(北湖) [自転車のこと]

以前から計画していた自転車での琵琶湖1周に挑戦してきた。

1日での走行距離160kmは過去に経験がない。



自宅を出て名神京都東ICを下り、湖西道路真野ICから程なく進むと琵琶湖大橋に到着する。

今回は琵琶湖大橋を起点に反時計周りコースをとる。



琵琶湖大橋のピークで写真を撮る。知ってはいたが、改めて湖の大きさに驚く。



oohasi.jpg


湖東の道はフラットで車も通るには通るが、快適に走れた。

近江八幡の休暇村へアクセスする道では、カーブや若干の勾配もあり、平坦路に飽きてきたタイミングだったので気持ちいい。



彦根市ではじめての休憩をとる。走行距離はまだ40km。

コンビニでパンとコロッケ、ココアを買う。



道中には自転車道(ただの歩道に見えるが)が整備されており、桜も見ごろでポタリングにはよさそうだ。



sakura.jpg




左足の裏腿に張りがあるので、時折自転車をおりてストレッチをおこなった。

それでもペースはいたって快調で、彦根を抜け長浜城へ到着。



nagahama.jpg
長浜城を越えると風との戦いだ。

以前釣りに来たときも湖北の風の強さに釣りにならなかった思い出がある。



道にも少し迷い、風は強いし今回一番しんどかったのがこのあたりの走行だ。

賤ヶ岳トンネルは旧道を通ることで安心して通行できた。

ルートを動画で紹介いただいたサイトがあったので紹介するとともに感謝したい。









トンネルを抜けると、琵琶湖を見下ろすことができる。





そのまま奥琵琶湖パークウェイ、海津大崎方面へ進もうと思ったが、花見客で大渋滞、交通規制もなされているとの事で、泣く泣くルート303方面へ進路をとる。

奥琵琶湖トンネルは歩道も狭く走りやすいとは言えないが、まあ轢かれる心配はないかなといったところだ。



追坂峠を車の長い列を横目に見ながら下る。気持ちがいい。



マキノ・今津は琵琶湖らしい風景で好きなエリアだ。

国道を避け、湖岸に近い道を選びながら進む。

国道と琵琶湖の間を走っている限り道に迷うことはなく、わき道散策もまた楽しい。



makino.jpg


お昼ごはんはこちらのお店で頂いた。



周航そば ひょうたん亭



鴨なんばは肉も柔らか、お出しの香りもいい。美味しいおそばだ。

ホールが追われていて、回転がスムーズでなかったのが少し残念。

しかし、味はとっても良いお店だった。



おそばで元気をもらい、一路琵琶湖大橋へ向かう。

走行距離は120kmを越えているが、疲労を感じることも無く、むしろ絶好調。

足の張りもなくなった。



そして遂に琵琶湖大橋に到着!

ビワイチ達成!



午前6時走行開始。14時40分到着。



走行距離156km。

平均速度 22.2km/h

走行時間 7時間1分



30代も半ばになるが、まだまだ挑戦を続けていきたいものだ。



どんな時も向かい風に立ち向かう、勇敢な冒険者でありたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1