So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

61日間の夏休み [雑記・その他]

6月29日に入院して、翌30日に手術。
18日間の入院生活を経て、7月16日に退院。
それから自宅療養を続けてきましたが、8月29日(月)に復職することが正式に決まりました。

手術以降は精神的な苦しみよりも肉体的な苦しみが大きかったですが、ここ最近では短い距離なら自転車に乗れるほどに回復してきており、日常生活には不便を感じることは少なくなってきました。
まあ、それでもすっかり元通りというわけにはいきませんけどね。



「出来ないことを嘆き悲しむのはやめて、できるようになったことを喜ぶ」


今はこういう風に考えています。
体中に管いっぱい刺さって、動くこともできず点滴の栄養だけで生きていた頃と比べて、できることがどれだけ増えたか。

人生は喜びに満ちています。



人生に「たら」「れば」は禁物だけど、色んな偶然が重なって、今こうしてここに居ます。
下手したら死んでてもおかしくなかったですからね・・・・。
神様がいるかどうか知りませんが、まだ死ぬな、お前にはまだやらねばならないことがあるってメッセージなんでしょうね、きっと。





IMG_20160824_181144.JPG



人生なんてどこでどうなるか分かりません。
前向きに明るく、その時その時を後悔しないように、毎日をちゃんと生きないとね!


(終わってみればあっという間のお休みでした・もうちょと休みたいのが本音ww)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

TAIWAN EXCELLENCE CYCLE & SPORTS FAIR [自転車のこと]

P_20160821_095033.JPG

おらが町のショッピングモール EXPOCITYで、TAIWAN EXCELLENCE CYCLE & SPORTS FAIRなる催しがあると聞き、ちょっと覗いてきました。



P_20160821_095037.JPG


暑いけど駐車場代払うの嫌なので、自転車で。


モール内の「光のひろば」で開催していました。


P_20160821_100455.JPG

展示の量は凄く少ないですけど、変わった自転車も見られてそれなりに楽しいです。


P_20160821_100711.JPG

GoProの潜水艦のラジコン!
スネ夫の従弟も真っ青です。


P_20160821_100849.JPG


これぞ台湾って感じのLiv(GIANT)も数台展示。


P_20160821_100909.JPG

ストライダも。



P_20160821_101117.JPG


デカい家に住んでたら、こんな自転車も欲しいんですけどね・・・。
マンション暮らしでは無理ですね。。

ストライダもそうですけど、自転車を展示するならクランク側を展示してほしい。
駆動系ある方が顔だからなあ。。


P_20160821_102317.JPG


上階からの眺め。


P_20160821_102321.JPG


P_20160821_103842.JPG


ミニスカートのお姉さんが多数いて、展示よりもそちらが気になりました(笑)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

近頃の僕はと言えば・・ [雑記・その他]

世間ではお盆休みも終わったようですが、私は長い長い夏休み(病休中)です。

病気休暇中とは言え、家で安静にしているのが目的ではなく、来る社会復帰に向けて体力回復させることが重要です。

P_20160813_075250.JPG

朝の涼しい時間はウォーキング。
3、4km歩くことが多いです。
夜もちょいちょい歩いてますね。


WP_20160813_09_56_24_Pro.JPG


妻と自転車で買い物に行ったり・・・

WP_20160813_18_51_49_Pro.JPG

実家で数年ぶりのウナギを食べたり・・・
術後の要注意食品のひとつなんで、一切れだけ・・美味かったなあ。


WP_20160817_11_42_23_Pro.JPG


毎度の食事量も増えつつあります。
ゆっくりですけどね。


いよいよ作るのが面倒になり、禁断の外食にも挑戦。
よりによって餃子の王将(笑)

P_20160812_112209.JPG


P_20160812_111517.JPG


最近まで全然知らんかったけど、ちびこいメニューがあって助かります。
最近はミニメニュー提供するチェーンも多いみたいで、勉強中です。

WP_20160815_14_57_25_Pro.JPG

おやつにはみかん蒸しパン。

P_20160818_172251.JPG

カレーにも挑戦。
少しずつ色んなものを食べていってます。
最終的には食べていけないものはなくなるそうですよ。
ま、でも消化の悪いものや生ものは避けるようにしてますね。
脂肪分も控えめに。

P_20160818_082522.JPG


一時間程度流すのみとは言え、自転車にもちょいちょい乗ってます。
お腹の傷はまだ少し痛むし、体力も落ちてますから、以前と同じようにとはいきませんが、自転車で風の中を走るとやっぱり変わらず気持ちいいです。
歩くのも嫌いじゃないけど、自転車の速度が私には実にちょうどいい。
速すぎず遅すぎずで。

※ロードバイクは私には速すぎ、こういう自転車が好き。



あと10日ほどで悲願の(?)社会復帰。
決して万全ではありませんが、どうやらそれなりに元気な状態で戻れそうで一安心しています。

願わくばあと半年くらいは休みたいです(笑)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

復帰に向けて着々 [雑記・その他]

復帰のための診断書が出たので、復職の手続きをしてきました。

スキャン_20160810.jpg


長い長い夏休み、これだけ休むと仕事に行きたくてたまらなくなるだろうと思ってましたが、まったくそんなことないw
願わくばもっと自宅療養していたい(笑)


お昼前に出勤&手続きを済ませて、数名でランチへ。

実は外食は手術後初めて。
外でダンピング症候群とか出ると辛いので、より慎重に食べました。

P_20160810_122046.JPG

ちょっとサイズのうどんもありますが、並を頼んでみました。
無理したら完食できそうではありましたが、少し残しました。
みんな早くに食べ終わってるし、気を使ってしまいますね・・・。
ゆっくり少しずつよく噛んで・・・家ではマイペース保てますけど、外ではなかなか大変そうです・・。
外回りの仕事でなくてよかった・・・。


一歩ずつ日常が戻りつつある喜びと、うどんはよく嚙み締めないといけませんね。


P_20160810_131037.JPG

ようやく会えたね [変態さん]

SNS夜明け前、ブログがそれに近い役割を果たしていた時代がありました。
たぶんブログをきっかけにやり取りさせていただいて6年位は経つのかな、遂にお会いすることができました。

c&s.jpg

スタン・ハンセン氏ではなくカレーパンマンさん。

http://currypanman.blog.so-net.ne.jp/2016-08-08


遠く北九州から出張でおらが町へお越しということで、その合間で少しお時間を頂き会いに行ってきました。

カレーさんもそうですが、日本各地から励ましの言葉を頂きました。
元気な姿をお見せするのが何よりの恩返し、自転車で迎撃です。


P_20160808_091327.JPG

(バッグの中はカレーパン)

P_20160808_092921.JPG


この後関東へ移動されるということで、それまでの短い時間でしたが、色々お話させて頂きました。
お会いするのは初めてですけど、お互いどう過ごしているのかSNSを通じてよくしっているので、初対面の感じがしません。


2016-08-08T11_01_29-02349.jpg
(知らぬ間に盗撮されてました)

話は尽きませんが、そろそろお時間、再開を約束してお見送りです。


2016-08-08T11_02_28-38916.jpg

2016-08-08T11_03_18-dcae7.jpg


お口に合いましたでしょうか?
次お会いするのは北九州かな~


今日は色々ありがとう!

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車のある日常 [自転車のこと]

変わらずリハビリ中です。

バイクカバーをめくり上げて、ひと月以上ご無沙汰のKONA ROVE号に跨ってみました。


P_20160802_084007.JPG


お腹を切ってるもんですから、前傾のないブロンプトンが楽でいいのですけど、やっぱりこれにも乗ってみたくなりました。

P_20160802_084227.JPG

入院中に開業した巨大観覧車。
乗ったことも乗る予定もありません。


自転車に乗ると、脚のリハビリはもちろん、ハンドルの引きつけなどで、腕や背筋のリハビリにもなりますね。
ウォーキングなんかはしてましたけど、上半身のリハビリは手付かずでしたから、ちょうどいいです。


P_20160802_085329.JPG


ロングライド・・キャンプツーリング・・ヒルクライム・・レース、自転車の楽しみ方は非日常的でエキサイティングなものも含めて色々あります。
私とっての自転車は非日常の楽しみではなくて、普段の生活そのものでした。
こうして日常が少しずつ戻ってきたことに喜びを感じています。

と同時にお腹の傷の痛みも感じています(笑)
まだまだやなあ・・。
タグ:KONA
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リハビリ中 [自転車のこと]

どんな薬よりもこちらが効きそうに思います。



P_20160729_080720.jpg



お腹の傷口はまだ痛いですけどね。。
今日は朝の涼しい時間に15㎞ほど走ってみました。
パワー激減してますけど、先日走った時よりぐっと走れるようになっていました。

私にとって自転車は日常生活そのものです。

一歩ずつ、一漕ぎずつ。



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

退院後の生活 [雑記・その他]

たくさんのご心配&励ましのお言葉ありがとうございます。
意外に元気にやってます。



18日間にわたる入院生活を終え自宅に戻りました。

久しぶりの我が家はなんら新鮮味もなく、入院前と同じでした。
不満がない家ではありませんが、やっぱりおうちは落ち着きますね。


8月後半まで自宅謹慎自宅療養です。
家でごろごろしてるのは性に合わないから、何かと理由をつけて外出しています。

退院当日は病院から家までの800mもおぼつかない足取りでしたが、今は結構歩けるようになりました。
多い日は朝夕それぞれ3㎞歩いたりしていて、一日ごとに体力が回復していってるのが分かります。

P_20160722_085750.JPG

歩くのは元々苦にならないから、従前の体力がここに生きてきてるのかな。


いつも病院から見下ろしていた公園、逆に公園から病院を見上げます。


KIMG0676.JPG


外から見る方がええね(笑)


ウォーキングして買い物行って料理を作る日々ですね。


P_20160716_110640.JPG


P_20160716_181124.JPG


胃がないから一度にたくさん食べることはできません。
でもそれなりの量は食べられるんですね。
なるべく消化のいいものを選んでます。


胃切除後ダンピング症候群という後遺症があり、症状がでると非常に辛いです。
http://www.cool-family.com/i/danping.html

ゆっくり少しずつよく噛んで食べることで防止できます。
こればかりはいかんともしがたいので頑張ってゆっくり食べています。

ゆくゆくは食べられないものはないと言うし、一度に食べられる量も増えると言いますから、とにかく時が流れるのを待ちましょう。

今までのように馬鹿食いは出来ませんが、毎日の食事が我慢大会みたいになるのは嫌なので、美味しく食べられるように頑張っています。


P_20160718_144249.JPG


おやつに蒸しパン作ったり・・・


P_20160720_114624.JPG


大阪人なんで我慢できずにお好み焼き作ったり。
ミニスキレットをオーブンに放り込んで作ったので、油使わずにヘルシーお好み焼き。
裏返す必要ありませんからね。
脂肪の多い豚は使わず、小エビだけ。
大阪人で良かった。。泣くほど美味い。



お腹の傷はまだ痛いけど、日増しに良くなっていってます。
床に落としたものを拾う時とか変な体勢の時は結構痛い・・。


WP_20160724_14_21_59_Pro.JPG


一か月振りに自転車にも乗ってみました。
体力落ちて全然進まなくてびっくりしたし、やはりお腹の傷は痛いけど、それを上回る喜びでした。

胃がないわけですから完全に元通りには絶対戻りませんが、それなりに元気にやっていけそうな気がしています。

自分でも驚くほど前向きに過ごせていますから、どうぞご心配なく!
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まさかの胃がんでした その6 [雑記・その他]

これまでのお話はこちら。
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-23
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-24


手術も終わり、取るもの取ったら不思議と気持ちがすっきりしてきました。
体はたいそうしんどいのですけど、日ごとに楽になっていくし、できることも増えてきて、快方に向かっている感じが強かったですね。

重湯が三分がゆになり、次は5分がゆに、遂には全粥になり、おかずの質も量も充実していきました。

P_20160708_181503.jpg

P_20160714_181751.jpg

10時と3時にはおやつが出ます。

P_20160710_151919.jpg

一度にたくさんは食べられないので間食が必要なのですけど、正直、食事の量が多すぎて残すこと多かったですね・・。
貧乏の子なので残すことに抵抗はありましたが、無理して食べるとあとが辛いことを学びました。
30-40分かけてゆっくりよく噛んで食べてました。
これまではいかに早食いだったのかを思い知ることに・・。


ご飯食べて歩いてスマホしてみたいな毎日、癒しの場所はここでした。

KIMG0673.jpg

屋上庭園があるので眼前の公園を見下ろすことができます。
お日様と風を感じることが出来る空間はありがたかったですね。
行きかうジョガーさんやお散歩の方々の姿が見えます。


退院後の食事のお勉強も始めました。


無題.jpg

↑友人からのお見舞い。
ドンピシャタイムリーな本でした。


IMG_20160709_130408.jpg


病室から注文して自宅に届いたものを息子に持ってきてもらいました。
凄い時代ですよね・・


日に日に元気に歩ける距離も増えてきて、体中にぶら下がっていた管も一つ二つと外れていき、そろそろ退院も近づいてきました。

前向きに明るく過ごしてきた入院生活、あえて目を背けてきたことがあります。

切り取った胃やリンパ節の病理検査の結果を聞かなければなりません。

手術前にはステージ1Bだろうとの話でしたが、がんの深さやリンパ節の転移の状況によってはステージ2だったり3だったりすることも考えられます。
ここまで前向きにきたのに、望まない結果が出たら立ち直れるだろうか・・いや、どうであれやることは前向きに立ち向かうだけやな・・でも・・

検査結果がようやく戻ってきたのは術後15日目のことでした。
生きた心地がしないまま妻といっしょに検査結果を聞きます。

・切り取った胃にあるがんの深さは事前の見立てよりもひとつ浅かった。
・リンパ節への転移はなかった。

確定ステージは事前の見立てよりも軽い1Aでした。
なにより転移がなかったことに安堵しました。
あくまで統計上とは言え、死ぬ確率も下がった。

全身の力がヘナヘナと抜けていくのがわかりました。


7月16日、18日間の入院生活が終わる。

廊下の窓から800m先に見える自宅。
近くて遠い我が家がいよいよ近づいてきました。


P_20160716_065023.jpg


色んな人に心配かけて、励ましの言葉ももらって。
会いたかった人にもたくさん会えた。
ドクターや看護師さん、スタッフの皆さんには感謝の言葉しかありません。

そして何より家族に感謝。

一人じゃ立ち向かえなかった。
関わったすべての方に…心からありがとう。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まさかの胃がんでした その5

これまでのお話はこちら。
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21
http://bsm.blog.so-net.ne.jp/2016-07-23



「○○さん、手術が無事終わりましたよ。」

まどろみの中で声が聞こえます。
麻酔科の先生の声でした。
すぐにまた眠ってしまったのでしょう、次に目覚めた時には病室でした。
もう夕方17時くらいだったみたいです。


「悪いの全部きれいさっぱり取ってもらったからな」

と兄貴の声。
ああ、結局全摘出になったんやなあとこの時に初めて知りました。

オカンは泣いてましたね。



お腹にはドレン抜きのチューブが二本、尿道カテーテル、背中には硬膜外麻酔のチューブ、点滴、心電図、酸素マスク、血栓予防のマッサージャーとフル装備でした。
術後は熱が続いてしんどかったですね。
氷枕を用意してもらいました。

手術前は心の闘いでしたが、手術が終わるとそこに体の闘いもプラスされてダブルでしんどいだろうなと予想していました。
体のしんどさは予想を遥かに超えるものでしたが、心はむしろすっきりして、前向きなものに変化していました。
取るものとったし、あとはリハビリに頑張るだけって心境でした。

少し寝ては目が覚め、また少し寝て、目が覚めてを繰り返しながら朝を迎えました。


最近は安静にするよりもとにかく歩けってことをよく言われます。
私も手術翌日にレントゲン室まで歩いていきましょうと言われました。。
頑張って立ち上がろうとするけど、とてもじゃないけど歩けません。
命がけで車いすに乗り込むのが精いっぱいでしたね。

それでも二日目にはよちよち歩きをしていました。
ほんとヨチヨチですけどねw
とにかくお腹の傷が痛い!
でもとくかく痛くても動け!ってことなので、頑張って歩きました。


手術日含め3日間は絶食・絶飲。
点滴だけが頼りでした。


術後4日目に500ml/日と制限付きながら絶飲解除。
ちびりと水を口に含みます。
う、うまい・・・。


そして食事も再開。


CmfWyA1VMAEFfsV.jpg


重湯とお汁。
もちろん具なんてありません。
しかし、とても美味しかったです。


胃がないと食事はどうなる?って疑問を感じる方もいると思いますので、胃の働きを少し勉強してみましょう。


食べものは食道を経由して胃に運ばれます。
ここで強烈な消化液の力である程度消化されます。
また食べ物を貯蔵する役割もあります。
胃で消化された食べ物は少しずつ腸へと運びこまれます。

胃って凄いです。
でもその凄い胃がなくても取りあえず何とかなる人間の力も素晴らしいのです。

ガツガツ食べることはできませんので、少しずつしっかり咀嚼して食べることが大切。
蓄えられない分、一度の食事量はどうしても減りますから、回数を増やして食べることでカバーするというわけです。

熱も下がり、お腹の痛みは続くものの、一日ごとにマシにはなっていきます。
歩くことと食べることがリハビリというわけなんですね。

翌日には三分がゆにグレードアップ。
食事の向上と体調の向上がリンクしてて、日ごとに回復していくのがよくわかりました。

元の体が100なら5とか6くらいなんですが、あまりそこと比べることはありませんでした。
それよりもとにかく0から積みあがっていくのが嬉しくて、しんどさの中にも喜びを感じてはじめていました。

続く



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -